会社員が副業をバレない方法はある?リスクを最小限にするための方法は?

 

会社員が副業をバレない方法はある?リスクを最小限にするための方法は?

会社員で副業をしている方の中には、勤め先に内緒でやっている方も多数いるでしょう。

コツコツを副収入を得る一方、内心は「いつか会社にバレてしまうのでは?」とヒヤヒヤしている方も少なくないハズ。

では職場に副業が見つかってしまうのはどんな時なのか?

バレないようにするにはどう気を付ければ良いのか?

今回は、会社員がコッソリ副業を続けるためのポイントをお伝えします。

 

会社員が副業をしているのがバレるとどうなるのか?

会社員が副業をしているのがバレるとどうなるのか?

 

働き方改革の一環として、2018年から就業規則モデルが変更となり、これまで禁止されていた副業が一部企業(公務員を除く)で解禁されました。

これは本業の勤務時間外であれば副業を行うことが可能である一方、事前に会社へ届け出る必要があるというものです。

また以前と同様に、副業を禁止している企業もいまだ多くあり、サラリーマンの中には会社に秘密で副業をしている方が相当数いることでしょう。

では、勤め先に副業が見つかってしまうとどうなるか?考えられるケースは次の2つ。

 

会社での評価・評判が落ちる

会社の上司や同僚などに副業をしていることがバレると、本業をおろそかにしているなど悪い印象を与えてしまいます。

また遅刻した時や体調を崩して会社を休み際に、「副業が影響してるでしょ」と思われてしまう可能性があります。

 

会社側からペナルティを受ける

副業を禁止している会社で副業しているのが見つかると、就業規則に反した行為となるため、減給や懲戒免職になる可能性があります。

またブログや在宅ライターといった副業において機密漏洩した場合は、会社から訴えられるなど重大な問題に発展するケースもあるでしょう。

 

どんな原因で副業しているのがバレてしまうのか?

どんな原因で副業しているのがバレてしまうのか?

 

ではどんな時に副業がバレてしまうのでしょうか。その原因についてご紹介します。

 

職場内の人のうわさ話でばれる

普段は内緒にしていても、飲み会などの場で“ついうっかり”話してしまい社内に広がってしまうパターンです。

同僚や後輩から、いつの間にか上司の耳に入っているといったケースは珍しくありません。

 

住民税が増えてバレる

ほとんどのサラリーマンは、毎月の給料から住民税が引かれています。

住民税の納税額は前年の所得によって決まるため、副業をして所得が増えると翌年の住民税が高くなります。

これがきっかけとなり、会社の経理担当が「ん?これは…」なれば、本業以外の副収入があることが見つかってしまいます。

 

ネットで名前を検索されてバレる

副業でブログ運営されている方は、ネットで会社の人に名前を検索して発見されてしまう場合があります。

職場の人に知られているTwitterアカウント名やアイコン(写真やアバター)を使ってブログをしていると実名でなくともバレてしまいます。

アフィリエイトサイトであっても、お問い合わせページや運営者情報の名前から、発見されてしまう可能性もあります。

 

会社の人を遭遇してバレる

副業で配達(デリバリー)や接客業などをすると、偶然職場の人に出くわすことがあります。

会社の近くで副業しないようにしたり、倉庫内や在宅ワークなど、人目を避けたダブルワークの方が見つかりずらいです。

 

会社に副業をばれないためには「確定申告」に工夫が必要

どんな原因で副業しているのがバレてしまうのか?

 

会社に副業が見つかってしまう一番の原因が確定申告後に確定する「住民税」の金額です。

会社員が本業以外で正社員や契約社員、アルバイト、派遣などに雇用されている場合は、所得金額に関係なく、確定申告の義務があります。

会社にばれないよう確定申告は自分で税務署にいって申告するのがセオリーですが、ここでのポイントは、住民税の請求を「給料天引き」ではなく「普通徴収」に変更することです。

普通徴収にすると副業分の住民税を自分で納めることになるので、副業していることがバレにくくなります。

ちなみに確定申告自体をしてないことが税務署にバレると申告漏れ(脱税)となり、本業の給料を差し押さえるため会社に連絡がいくので、より不測の事態に陥ります

 

会社にバレないためには「確定申告以外」にも工夫が必要

確定申告以外にも工夫次第で、副業がばれるリスクを最大減抑えることができます。
副業ワーカーが心がけるポイントがいくつかありますのでご紹介します。

 

在宅ワークを選ぶ

自宅で出来るWEBライターやテープ起こしの仕事、WEBデザインなどの在宅ワークは副業がバレるリスクが低めです。

外で職場の人間に会うリスクもないので、継続的な副業が可能となります。

 

副業のことを周囲に自慢しない

そこそこ稼げてくると「誰かに話したくなる」のが、人の心理としてあるでしょう。

たとえ副業が軌道に乗っても、会社の同僚や部下に副業で儲けていることを話すのは、絶対にやめましょう。

 

SNSやブログで副業をしていることを書かない

Twitterやフェイスブックなどで副業をしていることを宣伝すると、思わぬ流れで会社にバレることがあります。

とくにネットビジネスは拡散することで集客につながるという特性上、顔や名前を公表しないで活動するなどの工夫をおすすめします。

 

まとめ

おこづかいや将来の貯蓄にとはじめた副業が、会社にばれてしまった場合のリスクは図り知れません。

職場で居場所を失ったり、場合によっては減給や懲戒解雇など深刻なダメージも受けかねません。

副業をバレづらくするためのポイントは確定申告を自分で行い、かつ普通徴収に切り替えること。

他にも在宅ワークを選んだり、ネットビジネスではニックネームやライターネームといった、匿名での活動をおすすめします。

もちろん稼げていても自慢話は絶対に避けておきましょう。