「部下に慕われる上司の特徴」仕事ができる上司はココがちがう!

「部下に慕われる上司の特徴」仕事ができる上司はココがちがう!

日頃から部下に慕われてるか、否かは『できる上司』のバロメーターです。

もし今、

 ・部下や周囲から相手にされていない

 ・相談相手として頼りにされない…

といった悩みがあるなら、自身の「求心力」の弱さを認めるべきでしょう。

おなじ時間を働くなら、部下から愛され、頼りにされたいですよね。

本記事では「部下から慕われる上司の特徴と題」して、成功する上司に共通してみられる傾向をまとめています。

ぜひ管理職としての自身と比較しながら、ご覧ください。

 

仕事ができる上司、できない上司

仕事ができる上司、できない上司

優れた上司は、仕事ができるうえ、自然と多くの部下から慕われます。

一方で仕事ができない上司は、部下はおろか、周囲からも邪魔モノ扱いされる始末です。

 

・仕事ができる or できない

・部下に慕われる or 慕われない

 

一見、関係性がないように感じる2つの要素は、本質的に繋がっています。

仕事ができる上司は社会性に優れている「人格者」です。

信頼関係の重要性、ポジションパワーでは部下(や周囲)を動かせないことを深く理解しているからです。

部下にしてみれば上司は選べない訳ですから、

 ・部下の成長と活躍

・社会人としての未来

は上司に委ねられています。

こうした重責を担っている自覚と器量も、管理職に必要な資質といえます。

 

部下に慕われる上司の特徴

部下に慕われる上司の特徴

では具体的なポイントをみてみましょう。

何よりコミュニケーションを重んじる

できる上司は個人レベルの限界とチームワークの可能性を理解しているため、何より周囲とのコミュニケーションを重んじています。

些細なことにも気づくアンテナを張り巡らせて、部下にも積極的に声をかけるため、結果として皆から慕われます。

 

部下だけでなく、自分に対しても厳しい

 ・感情をコントロールする力

・目標達成に向けた計画性

・タスク毎の時間管理

など、部下に求める以上のレベルを自身に課しています。

 

職位による怠慢は一切なく、ストイックな攻めの姿勢が、部下を指導するさいの説得力に繋がっています。

 

責任の所在が自身にあることを理解している

責任は持つから、全力でやってこい!


と、刑事ドラマの上司さながら器量をもつ上司は、現実存在します。

良くも悪くも結果を受け止めるといったスタンスが部下からの信頼を勝ち取っています。

 

部下を見守る!が基本スタンス

未熟なリーダーにありがちな「一歩前をいく」的なスタンスはなく、常に部下を信じて見守ります。

部下は信用されている自信から成長し、結果として(会社からの)上司の評価も上がることとなります。

 

ダメな部分はキチンと指摘してくれる

必要な局面できちんとした指導ができるのも、できる上司の資質です。

 「反発されたら面倒だな」

「辞められたらどうしよう」

といった迷いはなく、衝突さえも前提にマネジメントをしています。

確固たる自信と、最後まで面倒を見ようという責任感があるからこそ、部下や周囲から慕われます。

 

部下にきちんと裁量を与える

裁量を与えることで自発性を養い、成長に繋げていきます。

部下にしてみればこれほど納得できる要素はなく、何とか成果をあげようと必死に努力します。

きちんと裁量を与えて、見守るスタンスを崩さない。

こうしたスタンスを保つことで、チームとして最高のパフォーマンスを発揮します。

 

リスクを省みず部下を守る

ときにリスクよりも、部下や会社の成長のために行動できるのも信頼される上司の証です。

とかく自己保身になりがちなキャリア層ですが、攻めの姿勢があるからこそ、現場の人間からの信頼を得られます。

リスクヘッジばかりでないのが、できる上司の特徴です。

 

オン・オフの切り替えができる

仕事とプライベート、集中すべき時間と息抜きする時間。

オンオフの切り替えを自分だけでなく、周囲にも促してくため、部下を集中を保ちやすくなります。

仕事術に長けているためムダな残業は一切なく、時短の意識も人一倍あるため、若手からと信頼されます。

 

発想がユーモラス

ときに周囲が疑うような、ユーモラスな意見や発想を持ち込みます。

 ・マンネリによるモチベーション低下

・イノベーションがもたらす可能性

を理解しているからこそできる行為です。

部下も「あの人に相談すれば、よい意見をもらえるかも」と、信頼関係を築くことにも繋がります。

 

部下に慕われる上司は、家族にも慕われる!

職場で優れたマネジメントを発揮する上司は、家庭においても愛され慕われます。

理由はカンタン、

 ・信頼関係の重要性

・相手(家族)を尊重する大切さ

・相手目線での考え方

といった仕事でも共通するポイントをきちんと押さえているからです。

部下のマネジメントと同様に、一歩引いたスタンスが家族に自由度を与えてストレスを最小限に抑えます。

感情のコントロールにも長けているため、少々の不具合では取り乱さないことも強みです。

 

〈まとめ〉仕事ができて愛される上司になる

できる管理職は、部下をはじめ、周囲を巻き込みながら仕事を進めます。

もし部下に慕われ、愛される上司になりたいなら「共感」をモットーに仕事をしてみてください。

タスクの処理能力よりも大切な要素であることが、理解できるはずです!

 

もし部下のマネジメントでお悩みなら、「部下が言うことを聞かない【原因】の大半は上司にある!」の記事もご覧ください。