ブログ書く場所はどこが良い?ノマド作業に集中できる場所ベスト10

3月 31, 2020

ブログ書く場所はどこが良い?ノマド作業に集中できる場所ベスト10

せっかくブログを書くなら、場所にもこだわってノマドライフを満喫したいですよね。カフェやファミリーレストラン、カラオケ店からコワーキングスペース、はたまた図書館まで。

それぞれの場所のメリットやデメリットなどを、ランキング形式で「全10スポット」ご紹介します。

 

ブログ書く場所は重要!

ブログ書く場所は「重要」です

ブログは書く場所で「集中力」が断然ちがってきます。構成するときや執筆など、ペルソナ(ターゲット)に向けて真剣に書くときは、何より集中できる環境が必要ですよね。

ザワザワした気持ちでは、ユーザーが読んで楽しい記事は書けませんし、時間をロスするばかりです。ブログは継続が命です。

常に記事を安定供給するには、「書き続けられる場所」を"複数"確保しておくのがベストです。

関連記事:ブログが続かない?停滞期を乗り切るコツを【悩み別】に解説!

 

ブログ書くのに適した「場所ベスト10」

ブログ書くのに適した「場所ベスト10」

では、私が利用したなかで「ブログやノマドに向いている!」、と感じた場所をランキング形式でご紹介します。

 

第1位 図書館

第1位 図書館

コスパ、静かさ、居心地をハイレベルで提供してくれるのが図書館です。周りは調べものや勉強など、目的を持った人たちばかりなので、自分も負けじと集中するようになります。

カフェやファーストフードのような無言の圧力がないので、時間を気にせず没頭できます。図書館は、意外にも土日も17〜19時位までやっています。週末にブログをゆっくり書きたい方におすすめです。

デメリットとして、パソコンやスマホの電源が確保できないこと、Wi-Fiが飛んでいないことが多いことです。読書するところなので、当然ですが…。

Wi-Fiはモバイルルーター(ポケットWi-Fi)、PCの電源は予備バッテリーを持ち込めば対応できます。利用料金も図書館なので無料。

HPでパソコン使用の可否、Wi-Fiと電源の有無を確認できる箇所があるので、自宅近くの図書館をリサーチしてみましょう。

 

第2位 カフェ(チェーン店)

第2位 カフェ(チェーン店)

ノマドの定番、スタバやコメダ珈琲、サンマルクカフェといったカフェチェーン店です。窓際のテーブルには、ズラッとノマドワーカーや学生が並び、作業をしています。

図書館同様に、ブログを書く人やライターの方も仕事をしています。フリーWi-Fiはもちろん完備、電源もテーブル次第ですがあります。

デメリットは土日朝など、混んでいるときに気まずいことです。長時間(半日とか)はちょっと厳しいです。

サンマルクカフェで、チョコクロ(¥170)とコーヒーS(¥200)で合計¥370+税です。ネカフェやコワーキングスペースの2時間分の料金よりは安いので、2〜3時間以上の利用があるなら、断然カフェの方がお得です。

流れるボサノヴァやジャズを聴きながらのノマド作業は、やっぱり最高です。ブログも捗ることまちがいなしです。

 

第3位 ネットカフェ

こちらも定番のネカフェです。フリーWi-Fi、電源完備、半個室なので他人の目や、時間を気にせずノマド作業に集中できます。ブログで画像選びをしている際に、背後に人が通ると何となく恥ずかしいですが、ネカフェなら心配ありません。

フリードリンクなので、コーヒーやジュースはもちろん飲み放題。お湯を注いで飲むお味噌汁など、フリーズドライ品を置いてるネカフェもあります。

私が利用する大手ネカフェチェーン「快活クラブ」の利用料金は、最初の1時間が¥510+税。3時間パックで¥991+税です。※店舗により異なる

図書館やカフェに比べればコスパは良くありませんが、駅チカに多いので、仕事帰りに寄れるメリットがあります。カフェやファーストフードのように、「せっかく行ったのに満席だった…」という心配がない分、安心して利用できます。

私はライターもしていますが、締め切り近くで確実に仕事をしたいときは、100%席が確保できるネカフェにこもります。

ただし独特(?)の暗めの照明には慣れが必要(蛍光灯はあるが)。隣の人が爆睡してるときがあるので、イビキ対策にイヤホンで音楽を聞いたり、耳栓で対抗しています。

ネカフェは自分一人でモチベーションを保てる方におすすめです。ただし、リクライニングシートやマンガなど、誘惑に負けない心構えは必要です。

 

第4位 ファーストフード店

第4位 ファーストフード店

マックやファーストキッチン、ケンタッキーなどのファーストフード店が4位です。フリーWi-Fi完備、壁沿いのテーブルに座れれば、電源も確保できます。

お腹が空いたら豊富なメニューの中から、好きなものを選べます。デメリットは、昼間はママ会、夕方は学生たちの憩いの場となるため、しゃべり声が気になる点です。

耳栓やイヤホン持参でノマド作業をすることになりますが、学校や駅との距離など、店舗により状況は異なるかも知れません。

土日の日中は、ハッ〇ーセットを求めて家族連れが来るので、あまり集中してブログを書けませんでした。

関連記事:マックとスタバのWi-Fi制限時間を気にせず、連続使用する方法は2つある

 

第5位 カラオケスタジオ

コスパでいえば、図書館の次に優れてます。私の地元のカラオケ店(チェーン店)は、10時〜20時までのフリータイムで平日¥270、土日祝日でも¥650と格安なので、ブログが描き放題です。

ただネックとなるのが、

・隣室の騒音

・机の低さ

です。騒音に関しては防音とはいえ、大音量で歌っていますので、耳栓かイヤホンがないと、漏れてくる重低音や声で集中できません。

机ですが、私の行くカラオケ店は、よく知られているあの低いやつです。パソコンを広げるには低すぎて、首が痛くなり、床に座ると変な感じです。

ただ店舗により机の高さは異なりますし、平日なら、騒音問題もさほど気になりません。

第6位 コワーキングスペース

第6位 コワーキングスペース

フリーランスの方が仕事をするシェアオフィスです。駅の近くを中心に、ジワジワ拡大しています。コワーキングスペースはお店により規模と雰囲気がガラッと異なります。

私の行ったシェアオフィスは、平日2時間¥500、一日利用で¥1000円とリーズナブルでした。ドロップイン(一般利用)でこの価格、会員になると月¥10.000で使い放題、ドリンク・フードの持ち込みもOKでした。

「初心者がブログをカタカタ書いていると気不味い‥」、といったイメージがありましたが、周囲もひたすら仕事をしているので、さほど気にならなかったです。

ただ人気のため、席が空いてないときがありました。

 

第7位 ファミリーレストラン

平日昼間に行くなら、「すかいらーく系」のガストがおすすめです。ガストのモーニングなら¥399〜¥499でパンにサラダ、ドリンクバーも付きますので、朝活的にブログを描く方に向いています。

フリーWi-Fi完備、電源はほとんどないため、予備バッテリーが必要です。店舗により開店時間は異なり、早いお店だと6時から、遅いお店で8時からとマチマチです。

平日・休日通して朝は空いていて、一人で新聞を読んでいる方が、チラホラいる程度です。最初に食事を済ませて、コーヒーをおかわりしながら記事を書き始めると、ノマド的な優雅さが味わえます。

ちなみに、暇を持て余す店員さん同士がおしゃべりする声が、キッチンから聞こえるお店もありました。(気にならないレベルですが)

 

第8位 自宅

キチンとワークスペースを確保できればそれなりに捗ります。いざとなれば、明け方まで作業ができるのが、最大の強みです。

自宅ゆえに集中が削がれる要素が多いため、時間設定をおこなうなど、工夫が必要です。自宅とノマドが半々の方は、光回線など引かず、モバイルルーターでどちらもこなすと経済的です。

 

第9位 車内

第9位 車内

意外にもリラックスできるのが、車の中です。車内といっても、「座席に腰掛けて膝にパソコンを置いて…」ではありません。

アマゾンなどで扱っている、車用パソコンテーブルをハンドルに取り付けて、座席を少し調整すれば、あっという間リラックス空間のできあがりです。

ミニバンや主流のハイルーフ軽自動車のように、天井の高さに余裕があれば、一層伸び伸びとパソコン作業に没頭できます。充電は車のソケットから、Wi-Fiはモバイルルーターを使用します。

天気のよい日に、海のみえる駐車場でノマドライフを満喫するのも、おすすめです。

第10位 有料自習スペース

コワーキングスペースと同じく、駅チカで増えている有料自習スペースは、学生やノマドをターゲットにしています。

私の住むエリアにも新しくできて、1時間¥400、3時間で¥1000です。自習室というだけあって、学生は△¥100の学割がありました。

コワーキングスペースやネカフェより多少値段設定が高く、まだまだ店舗数も少なめです。仕切られた個別ブース、窓際に面したカウンター型デスク、会議室もあります。

静かでブログが捗りますが、食事がないので(当たり前ですが)半日以上の滞在には向いてないかも知れません。

 

本来の使い方でない場所でブログを書くときは、周囲に十分配慮しよう

コワーキングスペースやネカフェは、場所代としてお金を支払います。一方、カフェやファミリーレストランは、食事や休憩などを目的として場所を提供しています。

あまりの長時間滞在は、お店やほかのお客さんの迷惑になるので、状況をみてベストな対応を心がけましょう。働き方の多様化でフリーランスをはじめとしたノマドワーカーは増えていますが、世間の理解はまだまだです。

ノマドに対してネガティブなイメージを持たれないように、お店が混んできたら他の場所に移すなど、適切な配慮を心がけましょう。

〈まとめ〉ブログを書く場所ベスト10

いかがでしょう。ブログを書く場所をいくつか確保しておくと、気分が乗らないときでも、何とか更新し続けることができます。私のおすすめスポットは、

第1位 図書館

第2位 カフェ(チェーン店)

第3位 ネットカフェ

第4位 ファーストフード店

第5位 カラオケスタジオ

第6位 コワーキングスペース

第7位 ファミリーレストラン

第8位 自宅

第9位 車内

第10位 有料自習スペース

でした。ノマドライフを満喫するために、ぜひご紹介したスポットに足を運んでみてくださいね。

関連記事:ブログのネタ探し~キーワード選びまでを一挙解説【ブログ初心者向け】