こだわりが強すぎると自分も周りもつまらなくなる

こだわりが強すぎると自分も周りもつまらなくなる

こだわりが強すぎると、自分も周りもつまらなくなります。

気付かないと、仕事先の人間関係はもちろん、家族との関係もギクシャクすることがあります。

 

 

こだわりが強すぎる人はよくない?

こだわりがあることは良いことです。

けれど、こだわりが強すぎるとつまらなくなります。

自分も周りの人も。

 

自分と他人の価値観の相違にストレスを感じます。

相手だってそうでしょう。

 

 

価値観は考え方は人それぞれ

何を好きで、何を大切に行動するか。これは人によってそれぞれです。

仕事の成果を重視する人もいれば、プライベートの時間を何より重んじる人もいます。

 

 

多様な価値観を受け入れる

世の中いろいろな人がいる、ということを受け入れることが肝要です。

違う点が見つけたら、「なるほど!面白い」と思える器量が欲しいところです。

 

 

こだわりを持つことは大切だけど、押しつけたらダメ

特定の物事について、相手から「〜〜なら、〇〇するべき!」と言わても、100%は納得しないですよね。

同じように自分のこだわりや価値観を押しつけたり、行動を否定したらダメなことを理解する必要があります。

 

 

他人の考え方や意見は参考程度に

人生において、何をしたら最も幸せか?

答えは、皆が一緒ではありません。

 

スムーズな人付き合いをするためには、他人の言葉を参考程度にすることです。

生活環境を含め、いつだって人はそれぞれ「前提」が異なることを認識すべきです。

 

 

自分の行動を俯瞰しよう

自分や相手が不機嫌になる原因は、こだわりや価値観を押しつけているからです。

自分のこだわりが周りによくない影響を与えていないか?

少し距離を置いて、状況をみることが大切です。