ライターを目指す方へ!必要なスキルと能力をわかりやすく解説します。

2月 17, 2020

ライターを目指す方へ!必要なスキルと能力をわかりやすく解説します。

特別な資格がなくても、目指すことができるWebライター。ただし、一定スキルや能力がなくては、効率よく仕事を進めることはできません。

文章力はもちろん、的確な情報を得るための検索力、読解力に要約力も重要、SEOの知識も身につけたいところです。ライターを目指す方に知って欲しい、重要なスキルを詳しくご紹介します。

 

Webライターに求められるスキル

Webライターに求められるスキル

ライターを目指すうえで習得したいスキルは、主に次の5つ。

・文章力

・検索力

・読解力

・要約力

・SEOの知識

もちろん初めから高いレベルは必要なく、実戦の中で養っていけば十分です。それぞれの項目について、詳しく解説していきます。

 

文章力

文章の質を判断するのは、ライターでも、編集者でもなく読者です。「うむ、なるほど!」といった読後感を与えるためには、説得力のある文章を書かなくてはなりません。

文章力の根幹は「読者の目線に立った文章作り」になります。技術的な話をすると、

 

【1】 専門用語はなるべく噛み砕く

【2】 読みづらい漢字はひらがなにする

【3】 1センテンスを短めに設定する

【4】 指示語を少なくする

【5】 あいまいな表現を使わない

【6】 主語と述語の関係がきちんとしている

【7】 事実→理由→裏付けの順で展開する

 

とくに【7】は重要です。Webコンテンツは専門書籍とちがい、何となく興味を持った人が”フラリ”と閲覧することがよくあります。

 

どこまで読んでも【結論(答え)】に到達しないと、「結局、何がいいたいの?」とイライラしてページを離脱してしまいます。Webライティングは、自己感想文のようにダラダラ書かず、結論から伝えるようにします。

文章力は後述する、

・読解力

・要約力

がなければ成り立ちません。一流メディアの記事構成を参考にしたり、場数をこなすことで、文章力はどんどんアップします。

 

検索力

検索力とはつまり、

・効率よく情報収集できる能力

・正確なソース(情報源)を探し出す能力

の2つを意味します。

 

必要な情報を手早く集める能力があれば、同じ報酬の案件でも、時間単価を上げることができます。

経験に比例して身につきますが、日頃からダラダラとリサーチせずに、タイム計測をしながら練習すると、効果的に身につきます。

 

ソース(情報源)の正確性も大切です。デマ情報や、根拠のないことを事実と謳って記事に書くのは避けべきです。

定説が必ずしも正しいとは限りません。信憑性が疑われる情報は、1次ソース(発信元)で裏付けをしてから使用することが重要です。

 

読解力

字のごとく、文章を読み解く力(インプット能力)です。情報を咀嚼(そしゃく)する力がなければ、要点をまとめることもできませんし、記事も書けません。

ちなみにPISAの学習到達度調査でも、日本人は世界的にみて読解力は低いそうです・・

 

リサーチした情報を眺めて、「はて?この内容はどんな意味だろう・・」と手を止めていては、効率よく記事を書くことはできません。

読解力を高めるには、日頃から読書を繰り返し、語彙力(言葉のボキャブラリ)を増やすことが大切です。

 

要約力

要約力とは情報の要点をまとめて、簡潔にできる能力です。

つまり、リサーチした情報を頭の中で整理して「要は〇〇は△△なので、□□なのです」と説明できる力です。

読解力と要約力は密接に関係しています。文章を読み解く力(読解力)が身についてくると、要約力も高まります。

 

Webライターが書く記事は、専門知識がない人が読んでも、「ほう、なるほど」と一度で理解される内容でなければなりません。

正確な情報源になるほど、難しい専門用語や堅い表現が増える傾向にあります。要点をまとめて、わかりやすく伝える能力は、とてと重要です。

 

SEOの知識

Google検索エンジンは、良質なコンテンツをユーザーに届けるためのアルゴリズムが存在します。このアルゴリズムを意識して記事をつくるのがSEOライティングです。

どんなに素晴らしい記事でもユーザーも目に留まらなければ何も伝えることができません。キーワードで検索された際、いかに上位表示させるかが肝となってきます。

 

webライターに求められるSEOの”一例”です。

・検索意図を狙った見出し構成

・キーワード・サブキーワードを散りばめる(出現率)

・見出し(h2)、小見出し(h3)の設定

・適度な改行

・過不足ない文字数

・挿入画像にタイトルをつける

 

SEOライティングはライターの必須スキル、生命線といっても過言ではないです。

未経験者であれば、以下のような専門書籍で基本からきちんと学んでおくことをオススメします。

 

ネットリテラシーもライターの資質

ネットリテラシーとは、インターネット上の情報を正しく適切に扱うための能力です。ネット上ではたまに、「事実がちがうのでは?」と思われる記事を目にします。

編集側もすべてをチェックできる訳ではないので、ライターが記事に起こす際の情報精度はとても重要です。

まちがった情報を参考にした読者に利害が生じれば、情報メディアに不信感を抱くばかりでなく、賠償問題にまで発展することも考えられます。

ライターとして記事を書く際は、以下の点を心がけましょう。

・正確な情報で書く

・他人の記事をパクらない

・引用・出典ルールを理解する

・主観で記事を書かない

 

一度公開した情報に歯止めをかけられないのがネットの世界です。

プロの”物書き”として、ネットリテラシーを高めておきましょう。

 

Webライターに必要なスキル〈まとめ〉

ライターを目指す方は多く、実力主義の世界です。実績数が少ないうちは、とくにスキルを高めるために、経験を積む必要があります。

ご紹介してきたライターに求められるスキルは以下の5項目。

・文章力

・検索力

・読解力

・要約力

・SEOの知識

 

まずはクラウドワークスクラウドワークスなどに登録して、タスク案件(単発案件)で「ライターの世界観」を肌で感じてみましょう。

徐々にスキルを高めれば、未経験でも稼げるライターを目指せますよ!