Web ライターがブログを書くメリット・デメリットについて

12月 15, 2019

Web ライターがブログを書くメリット・デメリット

Web ライターをしている方の中には、収益化やアウトプットを目的に「ブログを書いてみようかな」と考えている方も多いと思います。私もその一人でした。

 

そこでWebライターがブログを書くメリット・デメリットをリアルな体験に基づき、まとめてみました。これからブログを始めようかなと考えているライターの方は良ければ参考にしてみてください。

【結論】Web ライターはコツコツでもブログを書いた方が良い

【結論】Web ライターはコツコツでもブログを書いた方が良い

結論を最初に挙げますが、Web ライターはコツコツでもいいからブログを書き続けた方がよいです。こまかいメリットやデメリットは後述するとして、最大の恩恵はライティングの機会(アウトプット)が圧倒的に増えるからです。

 

Web ライターって未経験の頃は、実力も実績がないので案件探しにエネルギーを注ぎ、肝心の記事を書くライティングに時間を割けないんですよね。けれど、ブログなら書き放題です。 雑に書くことがデメリットになる場合があるんですが ・・。 ※後述します

 

稼げるWebライターになるためには、

  • 文章構成力
  • ライティングスピード

の2つを磨くことが必然であり、やっぱり場数を踏むことが大事なんです。練習する機会を増やす意味で、ブログは大いに役に立ちます。

Webライターがブログを書くメリット

Webライターがブログを書くメリット

WEBライタ―がブログを書くメリットは以下の通りです。

文章構成が上手になる

情報収集(インプット)と執筆(アウトプット)の繰り返しで文章構成力が上がります。クラウドソーシングだと、顔の見えないクライアントを意識するあまり、カチカチの文章になってしまうことがよくあります。

 

レギュレーションや修正を気にして、色々試すことが出来ないんですよね。その点ブログは口語体と文語体、どちらも試すことができます。結果として、わかりやすい文章が書けるようになりクライアントからの好評価に繫がります。

 

ライティングスピードが上がる

ライティングスピードが速くなり、時間当りの稼ぎが飛躍的に向上します。構成やタイピングが速くなれば、同じ時間内でも多くの案件がこなせるようになり、収入が増えます。

 

知識の幅が広がる(SEOやWordPressなど)

ブログを多くの人に読んでもらいたいと自発的にSEOを勉強するようになりました。SEOを学ぶことで、なぜライター案件にレギュレーションがあるのかを理解できました。

 

タイトルや見出しでのキーワードの含め方、も自然と意識するようになります。WordPressでブログを書くことで、【WordPress入稿】を要件としている仕事もビビらずに受注するようになりました(笑)

 

ブログを通じて専門知識を得ることで、Web ライターとしての市場価値が上がります。

 

仕事依頼が舞い込むことも

SNSを導線としてブログアクセスを増やせば、ライターとしての知名度も上げられます。ふとブログを読んでくれたWebメディア運営者が、問い合わせページから仕事を依頼してくれるケースがあります。

得意なジャンルや好きなテーマを発信することで、ブログはWeb ライターとしての広告塔になります。

 

Web ライターがブログを書くデメリット

もちろんメリットだけではありません。ボクが実感したデメリットは次の通りです。

好き放題書くとクライアントに嫌われる

ライターとしてのいわゆる苦労話、案件に対する愚痴などをブログに書くと、思わぬ形でクライアントの目に止まってしまうことがあります。

 

特にクラウドソーシングとブログで同じライター名を使う方は要注意です。同じアバターを使っている方も気を付けてください。仕事依頼どころか、継続依頼も切られる可能性はゼロじゃないです。

ライターとブロガーのバランスが崩れてくる

Webライティングの仕事は、順調な時ばかりではないですよね。新ジャンルの記事に苦労したり、頭が働かなかったりと。

 

「気分転換にブログ書くか」ってのが続くと、気軽ぎて「ブログ1本に転身しようかな」と徐々にブレてきます。(私の場合は特に)

 

知らず知らずに文章が乱れる

口語体がメインでブログを書いていると、知らず知らずに文章力が低下する傾向があります。ライター案件はレギュレーション含め一定の縛りがあるので、記事の質も安定します。

 

ところが個人ブログは誰から指摘されることも、修正依頼がくることもありません。なので気付きづらいです、文章が乱れてることに。「自分を律すること」が苦手な人は、ブログを書く際に注意しましょう。

 

ブログは目的をハッキリさせてから始めよう

ポートフォリオとしての目的を兼ねるならブ、ネガティブなテーマは扱わず、 文章構成力が感じ取れるよう書くべきです。

 

ライターとしてのスキルアップやアウトプットが目的なら、テーマを気にせず、記事を量産して経験を重ねていきます。

 

アドセンスやアフィリエイトなど収益化が目的なら、 悩み系やレビュー記事に絞ってブログを定期更新する必要があります。

 

いずれにしてもブログを書く目的をあらかじめ決めておくのが大前提となります。PV数を上げるための試行錯誤が、SEOの知識を深めてくれるのでホントにオススメです。

 

ブログを開始する前にテンション上げたい方はこちらをどうぞ!